わんパクくぅのつれづれ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 徒然なこと 〜老犬ホームについて〜 

<<   作成日時 : 2013/11/19 21:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

本当は違う記事をUPしようと思ってたんだけど
ちょっと引っかかってムズムズしちゃうので
今日はこのテーマで・・・
あるTV番組を見た一感想です 
ちょっとお付き合いください 


何だかなぁ〜って
見てて切なくなっちゃって・・・
そこから色々と考え出しちゃった。




早朝(朝4時)からあるニュース番組
早朝過ぎて、見てるお友達も少ないかと思うけど
ついつい目が止まってしまった


老犬ホームの紹介
老人ホームならぬ、老犬ホーム



施設に入れられた老犬同士が日向ぼっこしたり
お散歩したり
ご飯を食べたりして一日を過ごすの。
もちろん
お世話する方もいらっしゃるんで監視も管理もされていました。
冷暖房も完備
飼い主さんは、時々面会に来て・・・


調べてみたところ
施設利用料は
だいたい
小型犬で1ヶ月5万円前後から



映像が無いから、これだけの情報じゃなんともわかりにくいだろうけど
とにかく
この老犬の表情見てたら切なくて、涙出てきちゃったよ。






飼い主さんが面会に来た時

メッチャしっぽ振って、お目目もキラキラして
抱っこしてるお世話係りの方の腕から
飛び出してしまいそうな勢い


そして
数時間後


飼い主さんとの面会終了。

車に乗り込む飼い主さんを見送る
ワンコの切ない、さびしそうなお顔

“なぜつれて帰ってくれないの?”
“どうして車に乗せてくれないの?”
“私、捨てられちゃったの?”
そんなワンコの声が気持ちがバンバン伝わってきました。


そー言えば、このワンコ
飼い主さんが来る、来ないに関わらず
ずっと窓から外を見てたなぁ〜






確かに

飼い主さんも病気になったり
入院したり、施設に入ったり
歳をとって環境も変わるでしょう。
色々な御事情があると思います。
なので
一概に「こんな施設に入れるなんて!」
なーんて否定はしません。

ただ

この場合、インタビューに答えてあった飼い主さんには
残念ながらそんな面影は見えませんでした。
そして

「保健所に連れて行ったらどうなるか、解らないでしょ?
 最後まで、飼い主の責任なんですから
 こういう施設ならちゃんと最後まで見てもらえますし 
 居なくなって寂しいとは思いますが
 罪悪感は感じてません!」 っと





罪悪感、感じないんだぁ・・・ 









こんな事
私が述べるのもおこがましいですが

ワンコ(ペット全般)と暮らしていれば
元気な時も、体調が悪いときも
そりゃ色々ありますよね。
そして
それら全部を含めて「犬生」であり「ワンコとの生活」だと
思ってます。
歳をとって
若い頃は出来てた事が出来なくなっても
その時は、私がしてやろう。
お留守番が長い我が家だけど
それはしょうがない事
その分
一緒に居る時間はイチャイチャしちゃおう(笑)
良いときも、良くないときも
ずっと一緒だよ♪










人でも「老人ホーム」ってあります。
それとどこが違うんだ?
って思えば・・・

人も同じ様に寂しいんだろうなぁ〜











何だかほんとに支離滅裂っ
徒然になってしまいました(爆)

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました 























☆東日本大地震被災動物義援金&支援物資情報☆


「緊急災害時動物救援本部」
http://doubutsukyuen.org/
「震災まいご犬種別一覧」
http://home-3.com/maigodog/
「被災動物情報ブログ」
http://ameblo.jp/japandisasteranimals/
「東北地震犬猫レスキュー.com」
http://tohoku-dogcat-rescue.com/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
うぅ。涙
なんだか切ないお話です。
よっぽどの事情があってホームに託してるんだろうけど、やっぱ、なんだか切ないですね。
どの子も穏やかに過ごしてほしいです。

くぅママさーん!!
やっぱセミナーきてたんですか?!
月曜ですよ!きゃーなんだぁー。笑
どこに座ってらっしゃいました?笑
ふふ


アロハ
2013/11/20 09:44
うーん…難しいですねぇ
私も何かの番組でみたけど…

人ひとりで抱っこできるくらい
小さなワンちゃんはいいけど
体重40〜50キロ以上あるワンコだと
介護も大変ですよね。
痴呆による徘徊や遠吠えが始まると尚更。
それだけに専門の方の手が借りられると
やっぱり安心というか…

でもでも!
もちろん、個体の大きさに関係なく
それ(介護)ありきの覚悟をもって
ワンコを迎えるコトは
最低限の常識ですけどね。

年老いてしまったから介護を全部
施設にまかせる…というのは
何か違う気がするけど
人もイヌも、心穏やかにすごせるのなら
そういう施設も
上手に利用すればよいかな〜って思います。
すずらん母
2013/11/20 22:17
アロハさま
ほんと、穏やかに過ごしてほしいっ
穏やかに過ごすってこんななのかな?
って、疑問に思い出して
また、インタビューに出てた方が
“何だかな?”って思わせるよーな方で…
便利な物は使い方が難しいですよね。

そーそー、月曜日だよ!
珍しく、終了時間が押しちゃってお昼もバタバタだったわ(笑)
私も“アロハさん、この中に居るかな?”って思いながら見渡してみたけど
そもそもお顔、知らないし(爆)
ブログからの印象で
“この人かな?”って思った方は居たけど
声をかけるほど自信も無く…
どこに座ってた?
くぅママ
2013/11/21 01:04
すずらん母さま
インタビューを受けた方が悪かったのかな?
ワンコを迎える時、正直そこまでは考えてない、考えられない事の方が多いと思うけど
一緒に生活してると、愛情って大きく育つもんですね。
この施設、使うべき人が使える様になって欲しいなぁ〜って思います。
ほんっと
都合良く使うんじゃなくって
上手に使って欲しいですね。
くぅママ
2013/11/21 01:08
わたしは、介護が必要になってもいくら呆けて遠吠えしても離れきれない( TДT)できないよー
最期までみていたい。。。
なんか、ある方のブログに介護が必要で遠吠えするときにもどうして対処したとかかかれてある方のブログがありましたよ!
kokoママ
2013/11/21 23:46
kokoママさま
ほーんと、これからはペットの介護って課題になって行くだろうね。
私も経験された方のブログは見た事もあって
大変な事だと感じました。
介護が必要になった時に色々と相談できる所もあるみたいだから、必要になった時は相談したり
介護方法を教わったりしようとは思ってるけど
やっぱり老犬ホームまでは…どうかな?
我が家は長いお留守番が課題になって来るだろうなぁ〜
くぅママ
2013/11/22 04:15

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
徒然なこと 〜老犬ホームについて〜  わんパクくぅのつれづれ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる