わんパクくぅのつれづれ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 徒然なるままに・・・

<<   作成日時 : 2012/09/11 23:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

今日もお仕事終わってピンポンダッシュ 
ママのおひざの治療に病院に寄って
またまたダッシュ 
くぅのお出迎えに心癒され
お散歩ターイム
ママを気遣ってか? スローペースで歩いてくれるくぅ
ありがとね 






今日はちょっとまじめなお話し



って言うのも

最近
ちょっと身の回りで虹の橋を渡るワンちゃんが多くて
ついつい
くぅの時ってのを想像し
それだけでウルウル 
くぅも発作が起これば
このまま死んじゃうの?″って毎回思うぐらいの姿
まだまだくぅは若いんだけど
若いからって、侮っててもダメだよね。



少しスピリチアルな世界の話しだけど

ワンちゃんを含め
ペットたちはそれぞれ『使命』を持って
この世に舞い降りて来るそうです。
そして
命の『期限』『運命』もだいたい解ってるらしい

だから

それぞれ
『期限』の最後まで
持って生まれた『使命』を果たそうとしてるんだって
その為にも
ちゃーんと飼い主さんも選んでいるそうです。


そして
大体の別れの時ってのは解ってるんだって
それも
どんなお別れの仕方なのか? までね。


だから

虹の橋を渡った子達は
どんなお別れの仕方であろうと
飼い主さんには
「ありがとう」って言ってるそうです。
「悔やまないで、悲しまないで、私は大丈夫だから・・・」っともね。





くぅはどんな『使命』を持って我が家へ来たのかな?



確かに
ママは、くぅが来るまで
ワンコと生活した事は無かったし

それまでは
小学校の時に飼ってたカナリアと金魚だけ
それに
どっちかと言えば、犬よりも猫派だったママ
ブリーダーさんの所でも
くぅを選んだのはパパさんだったのに・・・


今では
ママの方がくぅに夢中(だと思う)
くぅとの生活をよりよい物にしようと
しつけ教室に行ったり
(くぅよりもママの方が学ぶことが多い)
ワンコご飯を学んだり
通信教育にまでチャレンジしたり
(↑受かりたぁーーーい)
そうそう
このブログだって
くぅが居なかったらやってないもんね。

ブログを始めて
沢山のお友達も出来て
会いに行ったり。

そうそう

お散歩してても
ワンちゃんを連れてる人が居ると
声をかけたり、掛けられたり
お友達の輪も広がってったよ。


パパさんの病気が解って
苦しい治療も
くぅが励みになったって言ってたな。
ママも
くぅが癒してくれたしね。

パパさんとママが喧嘩しても
くぅが仲裁してくれたりして・・・



考えたら、今までもいっぱい『使命』をはたしてたんだろうね。
まだまだいっぱい持って来てるよね。
だって
もっといっぱい
くぅには教えて貰ったり
気付かせて貰いたいもん。(←甘えてる?)






画像









皆さんの所へやって来た我が子は
どんな『使命』を持ってやって来たのかな?















☆東日本大地震被災動物義援金&支援物資情報☆


「緊急災害時動物救援本部」
http://www.jpc.or.jp/saigai/index.html
「震災まいご犬種別一覧」
http://home-3.com/maigodog/
「被災動物情報ブログ」
http://ameblo.jp/japandisasteranimals/
「東北地震犬猫レスキュー.com」
http://tohoku-dogcat-rescue.com/



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんわ。
ふむふむ。そうなのね。使命か〜
私もコロナが来てからコロナ中心の生活
いろいろ教えてもらったし今の仕事も
コロナがいなかったら選んでない仕事だよ。

子育てをしたことない私には
いっぱい気づかせてくれたよ。
子育てしてるって感じだしね☆

でも命の期限があるなら私より
長生きちがうな〜一緒にって思っちゃうよ。
tierra
2012/09/12 19:20
うん、私も代々ワンちゃんと生活してきたからわかるよ!
なんでわかるのかその時、その時の気持ちを的確に感じ取って支えてくれてる。
私達の生活に合わせてくれるよね。
なくてはならない存在になってくれるよね。
辛い時は支えてくれるし、嬉しい時は一緒に喜んでくれる。
ワンちゃんって本当にすごすぎるよね。
ワンちゃん飼ったことない人ってすごく損してると思うよ。
(〃^∇^)o彡☆あははははっ
ってママさん猫派だったの?
それにもびっくり!
あなきん
2012/09/12 19:38
しみじみ考えます。

最近虹の橋を渡った親戚んちのわんこも
足腰弱ってはいたけどこんなに早くとは思わなくってびっくりしたのだけど・・・

(今となっては)最後に会いに行ったとき
いつもは外出の時はお留守番担当のあずきも一緒に出かけていったり
(きっとそのコが呼んでくれた!)
あずきとモカと遊びに行ったら
寝たまんまだったそのコが立ち上がってくれて
奇跡の3ショット撮れたり
(それがそのコの最後の写真になったそう)
今思うとわかってたのかなぁ?って思います。

お外でしかトイレしないコで、
この先、介護生活になった時どうしよう?
ってみんなで心配していたこと
「大丈夫だよー」って思ってたのかも。

それぞれのお家に来てくれたわんこの使命を
最大限いいものにしてお空にお返ししなきゃいけないですね。

てか・・・号泣なんですけど・・・
mocamoca
URL
2012/09/13 08:51
なんか素敵な話ですね。
健気だなぁって思います。

ちゅらなんてやんちゃ過ぎて、
はあってため息つくことも、
あるんだけど、
わが家にはこのぐらい 社交的な奴の方が、
いいのかも。
と思ったりします。

くぅママさんの記事読ませてもらって、
次の絵本のストーリーがうかんできたよ。
その時は協力してね。←何をだー
よね。

ちゅらママ
2012/09/13 19:39
素敵なお話ですね〜
実は、ちょうどお友達のシェパ君が、余命宣告されてしまって、すごくショックを受けてました。
でも、まだまだ彼の使命は終わってないと思うので、何とか、回復して欲しいってそれだけを願ってます。

家の子たちにも、「あんたたちの使命は永遠に終わらないぞ」って脅しておかなきゃ〜

Kiki
2012/09/14 17:00
tiaraさま
そっか、今の仕事もコロナんの影響があるんだね。
tiaraさん、コロナんと一緒に虹の橋を渡るんだ。
コロナんも心強いよね。
しっかり長生きして貰わないといけないね。
くぅママ
2012/09/17 20:07
あなきんさま
やっぱり、歴代のワンちゃん達もそーだったのね。
小っちゃいのに凄いよねぇ〜
居なきゃいけない存在になっちゃってるもんね。
そー、猫派だったの!
猫の『好きな事を好きな時に好きなだけけする』って感じが好きだったんだけどねぇ〜
いまじゃ、くぅが一番だよ!
(〃^∇^)o彡☆あははははっ
くぅママ
2012/09/17 21:15
mocamocaさま
そーだね、そーだね
最大限に良い物にして、お空に返してあげなきゃね。
他のお友達ワンコも「最後だと解ってたんだね」っていっぱいあるみたい。
飼い主さんの事、飼い主さん以上に解ってるってあるみたい。
だから、イチロー君も解ってたんだよねきっと♪
くぅママ
2012/09/17 21:43
ちゅらママさま
そーよ、そーよ
きっと、ちゅらちゅらの元気な社交性が
ちゅら家に新しい風を送ってくれてるんだよね。
次の絵本のストーリー!!!
楽しみ♪
協力、うんうん遠慮なく言ってね (^O^)/
くぅママ
2012/09/17 21:58
Kikiさま
お友達ワンコの余命宣告ねぇ〜
こればっかりはお医者さんじゃないから何とも言えないけど
余命宣告もね、最初はビックリだけど
急に亡くなって何もしてあげれなかった″って後悔するよりも
心の準備も出来て、それはそれで良いんじゃないかと思ったりもするよ。
そもそもワンコの方が自分の余命って解ってるらしいしね。
バン&花ちゃんの使命、永遠に終わらないんだ
大変だねぇ〜
(〃^∇^)o彡☆あははははっ
くぅママ
2012/09/17 22:21

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
徒然なるままに・・・ わんパクくぅのつれづれ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる